漆掻き(うるしかき)
 漆の木は、岩場のやせ地で山畑にもならない所に生える。ウルシカキというのは漆(ウルシ)の木から漆液を採取する仕事で、主として北飛騨の河合村・神岡町・白川村北部、南飛騨では小ヶ野・和佐などで行われた。その中でも「山中」といわれる河合村の角川・保・羽根・有家などの集落が多量に産出した。また、神岡町の東漆山、西漆山はその名のとおり漆の多い所だった。
 飛騨の漆掻きは越前(福井県)からくる漆掻き人足によって始まったといわれている。その後、羽根・保などの集落の人によって採取が行われるようになった。
 漆掻きの行動範囲は4キロ四方といわれ、その範囲の中にある採取できる20年前後の木を買い5月から10月頃まで幹から採取する。11月に入ると枝を60?程切って束ね、乾燥しないように水に漬けておいて、この枝から冬の期間中漆液を採取する。
 また、漆の実からはロウ(蝋)がとれるため、大切な財源だった。実を加工せず、漆実として出荷する集落や、加工して漆粉として売る場合、ロウとして売る場合、ロウソクにまで完成させて売る集落もあった。
 漆粉を作るには、臼に実を入れて杵でついて粉砕する。粉砕した漆粉が散って部屋の中が滑るようになるので紙帳を張り巡らしてそのなかでついた。
 蝋をつくるには漆の実を蒸し、これをシメキに入れて締め上げて、下から流れ出るロウを箱に流して固形にした。こうしてできた原料を高山や古川のロウソク屋に売っていたほか、越中(現富山県)、越前へも出荷した。白川村の荻町の農家ではロウソクにまで加工していた。(旧大野家住宅にて展示中)

江名子バンドリ(えなこばんどり)

江名子村(現高山市江名子町)で主に製作された蓑(ミノ・昔の雨具)。古く江戸時代初期から製作されたと伝承があり、ニゴ、シナの皮、麻を材料とする。バンドリの特色は、普通のミノとは違い「コシハナレ」といって、腰の部分と肩の部分が別れて、別々に体に固定するため、大変作業がしやすいところ。この地方の方言「バンドリ」とは空を飛ぶムササビのことをいい、着用した姿から連想された。
現在、制作技術の伝承がなされており、高山市の無形民俗文化財に指定されている。