四方転び(しほうころび)
鐘楼・水盤舎などの四隅の柱、または踏み台の4本の足のように、上方において平面中心方向に同程度傾斜しているのをいう。
「転び」とは柱などの傾斜の状態をいう大工用語。