第4章 町人文化と窯業
江戸中期には各藩同士の交易が大変盛んとなります。
(飛騨へのやきもの流入)
特に、北海道と大阪との交易を行っていた商人たちの「北前船」により、九州有田から磁器のうつわ(伊万里焼)が、

また、瀬戸や美濃からも陶磁器が大量に飛騨に流入してきます。
飛騨のやきもの年表

← もどる 次へ →

INDEX

15