飛騨盆〜小井戸 稔の世界
 江戸時代初期から実用的な漆器として愛された「飛騨塗」は、同時期に世に出て現在も続く「飛騨春慶塗」とは違い、江戸時代末期に途絶えてしまいました。
 小井戸稔氏は、飛騨の里に隣接する工芸集落に暮らし、工房を構え、その仕事は飛騨春慶塗、飛騨盆、螺鈿細工といった漆工全般にわたります。特に飛騨塗の素朴な味わいに惹かれ、その復活に携わってきました。現在も精力的に取り組まれている飛騨盆を中心とした「小井戸稔の世界」をご覧ください。

       >進む(目次)