飛騨地方は険しい山岳地帯に囲まれています。それが飛騨の風土に大きく影響してきました。飛騨の里は高山市の中心に近いながらも、自然豊かな松倉山のふもとの丘陵地にあります。北アルプスと街並みを一望するこの場所は、かつて戦国時代の城下町でした。現在は五阿弥池を中心に自然がいっぱいです。また飛騨の山岳資料を展示する資料館は飛騨民俗村唯一の洋風建築で、そばには飛騨にゆかりの文学者たちの碑をめぐる散策路もあります。

山岳資料館と文学散歩道