榑葺き民家 
榑葺き民家とは ●旧新井家 ●旧中藪家 ●旧田中家 ●旧田口家 ●旧大野家 ●旧前田家 ●旧野首家
高山周辺に住んだ農民の平均的な暮らしが残る家。
生活の中心は土間にありました。
江戸時代中期以前の農家では土間が生活の中心でした。
 旧中藪家は軒高が低く、勾配がゆるい板葺きの屋根です。そのため大人の男性なら背伸びをすれば、屋根の上に石が置かれているのを見られるでしょう。この特徴は旧田中家や旧野首家にも見られ、飛騨地方中央部、つまり古川・国府盆地や高山盆地一帯とその周辺部にある民家がもっているものでした。
 旧中藪家では、囲炉裏のあるオエから作業場のニワまでを床板を張らず、土間のままで生活していました。こうした床形式は「土座形式」といい、江戸時代中期以前にさかのぼるものとされ、飛騨地方の民家の中でも非常に古い形態であるといえます。
 この土間は通称「タタキ」とも呼ばれ、山の赤土に石灰と塩を混ぜて水で練って張りつめてあり、幾日も時間をかけて叩きながら水分を蒸発させて乾燥させたものです。一般には「漆喰(シックイ)土間」と呼ばれ、年間を通じて一定の湿度を保ち、乾燥期でも土埃が出ないので屋内の土間としては最適の工法とされています。
天井はなく、屋根を葺いた榑板がそのまま見える。 ニワ側から見たオエの様子。土間に作られた囲炉裏も板の間に作られたものとは違う。奥に板の間が見える。
囲炉裏まわりは団らんの場というより作業場の延長でした。
 囲炉裏のまわりに座るときは、まわりの土間に籾殻(もみがら)を敷き、その上にムシロをひいて居室にしました。籾殻は年に一回または二回新しいものと取り替えていました。私たちがよく知る囲炉裏とは違い、より作業に使いやすい形をしています。
 江戸時代の世相が安定し、一家団らんが意識されたのでしょうか、江戸時代後期になると、土間のままであったオエにも床板を張るようになります。飛騨の里内の建造物では旧新井家(江戸時代後期)にその違いを見ることができます。
 飛騨の里では主に作業場として使われたこの場所のかつての様子を再現しています。それは屋根を葺く榑板を作り出す作業です。
 丸太を割り、木の目にそって同じ厚みと長さのクレ材を作り出す一連の作業を「クレヘギ」と呼んでいます(ヘギとは裂くという意味)。木の目を読み、マンリキという道具でほぼ均等の厚さに一枚一枚裂いていくクレヘギは、長年の経験と技術が必要です。ただ作業日は決まっていませんので、飛騨の里を訪れたとき運が良ければクレヘギの実演を目にすることができるでしょう。
旧中藪家では、4月から11月の不定期で「クレヘギ」の実演を行っている。実演者の山口末造さんは数少ない職人の一人で、黙々と作業に打ち込む姿を見ることができる。
裂いたと思えないくらいに美しい榑板。
旧中藪家の履歴書
◎かつての住所 /岐阜県高山市一之宮町山下
 所在地マップを見る
◎建築年代/江戸時代中期
◎県指定重要文化財

旧中藪家の身体測定
◎桁行14.9m 梁間11.0m
◎榑葺き(板葺き)切妻造、
◎外観の特徴/北・南面に下屋、西面に庇(ひさし)が附属(いずれも板葺)。屋根は勾配が緩やかで、榑板の上には石が置かれている。

中藪家には生活の道具がいろいろと展示されている。写真は木製の臼で製粉に使われた。
厩にかかっているのは、馬のワラジ。冬場にはこれをはかせていた。また見学の際には木の柵の留め方にも注目してほしい。
家の正面右にある庇の下には小便所があった。もちろん今は使用できない。

榑葺き民家 
榑葺き民家とは ●旧新井家 ●旧中藪家 ●旧田中家 ●旧田口家 ●旧大野家 ●旧前田家 ●旧野首家