民間信仰 ●匠神社 ●立保神社拝殿・舞台 ●路傍の神仏 ●車田

珍しい形の田から収穫されたお米は
かつて伊勢神宮に供えられたと言われています。
車田の田植えは昔ながらの姿をとどめています。
 車輪の形に稲を植えることから「車田(くるまだ)」と呼ばれています。日本で新潟県佐渡島と高山市松之木町にのみ現存しています。飛騨の里の車田は、松之木町に残るものを再現したものです。
 佐渡の車田は渦巻き状に植えて行くのに対して、高山の車田では7本の線を中心から伸ばし、そこに1株3本の苗を5株ずつ植えていきます。図のように7本のラインが、まるで車輪のように見えます。
 高山に残る1600年代の文献に、車田の記述がありますが、その起こりははっきりとはしていません。特殊な植え方であることから、神事に関した農作業の方法であると思われています。伊勢神宮にお供えする米を作っていたという説もあります。
 飛騨の里で植えられている稲は「たかやまもち」というもち米の種類です。現存する車田の所有者平野さんと、車田保存協会の協力を得て、毎年5月下旬に田植えを行います。
秋には2アールの面積に約1.5俵(1俵は60kg)の収穫があります。お米は飛騨の里でお正月の花餅飾りやお鏡に使われています。また、飛騨の里内で実演される餅つきにも使われ、冬の入館者には焼き餅が振る舞われます。
文献
○高山城主金森出雲守重頼(1650年没)の和歌
  見るもうし植もくるし車田の めぐりめぐりて早苗とるかな
○「松之木村絵図」元禄7(1694)年5月10日
  元禄検地の際のもので、車田の字名がある。
○「飛騨国松之木村田畑御検地水帳」
  「字車田の田畑は八十二筆、反別は一町七反二十六歩」
○「飛州志」(1803年)
  「是に稲苗を裁(うえ)るには先ず稲苗一把を取りて其中央に置く。夫れより円く巡りて裁るのを此田の故実と成りし来れり。其体管笠の縫目を見るが如し。然れども里民も其来由をば知らず。」とある。
田植え作業の手順
車田の中心から同心円を描いていく
中心の7本の田植えをする
まわりの同心円上に植えていく
田植えの完成

民間信仰 ●匠神社 ●立保神社拝殿・舞台 ●路傍の神仏 ●車田