農山村に暮らす昔の庶民にとって、信仰は日々の暮らしにおいて大事な心の支えとなっていました。こうした信仰心は、飛騨には今でも風習や行事としてしっかりと残っています。飛騨の里では、この民間信仰をさまざまな形で伝えていきます。なかでも路傍に置かれ大切に拝まれてきた神仏は、昔の飛騨人の心を代弁してくれるかのようです。

立保神社・拝殿
車田
匠神社 路傍の神仏